3次元細胞アセンブリのための任意形状の細胞マイクロ構造体の一括作製

概要

パターニングしたマイクロ電極を用いてエレクトロデポジション法で任意形状の細胞マイクロ構造体を作製した.我々の方法の主な利点としては,1)電極パターニングに応じた任意形状の組織状細胞構造体が作製できること,2)2週間の細胞培養後に高密度の細胞構造体が得られること,3)溶液中で搬送が可能であり,3次元組織への組み立てが可能であること,である.将来的には再生医療のための,人工の肝臓組織の実現に向け,研究を行っている.

業績

  • Z.liu, M.Takeuchi, M.Nakajima, T.Fukuda, Y.Hasegawa and Q.Huang : "Batch Fabrication of Microscale Gear-Like Tissue by Alginate-Poly-L-lysine (PLL) Microcapsules System.", IEEE Robotics and Automation Letters, 2377-3766, pp 206 – 212, 2016.
  • Z.liu, M.Takeuchi, M.Nakajima, T.Fukuda, Y.Hasegawa and Q.Huang: "Shape-controlled High Cell-density Microcapsules by Electrodeposition.", Acta Biomaterialia, Vol. 31, No. 3, pp. 750–765, 2016